【0422292019のトーシンパートナーズで投資をお考えの方へ】口コミ評判

  1. 未分類

 「0422292019」は不動産の販売会社「トーシンパートナーズ」のセールス電話番号ですが、実は不動産投資を始めるにあたってはその仕組み上、特に投資が未経験の方がこの手の営業電話によって不動産投資をスタートすることはあまり好ましいことではありません。不動産投資はどれほど少額からスタートしても百万円単位で金銭負担がある世界ですので、以下ご注意ください。

このご時世にしつこい営業ゼロ。現在所有されているマンションの本当の最高値を無料で確認したい方へ

「0422292019」に対する声を確認してみる

 まず、この電話番号「0422292019」についての各種口コミをくまなく確認していると、

・「不動産の飛び込みセールス電話
・「羽田空港の玄関口にあるマンションを買わそうとする迷惑電話
・「不動産の飛び込みセールス
・「着信拒否してもしつこく番号を変えてくるストーカーみたいな会社

という「不動産投資セールス」で一致しています。そして同時に、相手の都合を考えない自分勝手な迷惑電話であるとの苦情が実に多く散見されます。正直この迷惑電話という時点でもあまりお薦めできませんが、続いて、営業電話の仕組みからもお薦めしかねる理由を解説します。

異常にしぶとい場合「売れ残り物件」の可能性も

 もちろん、不動産会社から営業電話があったからといって、そのどれもが悪いというわけではありません。すでに物件をいくつか購入して「この人は良い物件さえ紹介すればすぐに買ってくれる」と信じてもらえている会社からは、「掘り出し物」の営業電話をいただけることがあります。信頼関係があるからこその物件です。そして、このような「掘り出し物」は、もしネット上に出されると即完売間違いなしの物件です。売れ残ることなどまずありません。

 一方で、まだ投資の初心者に対し、しかも付き合い無しの名簿でしか知らない人間に対して、これから長くお金を生み出してくれる金の鶏のような物件を、皆が借金してでも欲しがるような物件を、人となりも知らぬ人間にいきなり持っていくでしょうか。私だったらそんなことはしません。他にもっと優先順位が高いお客様がいるはずですから。

重要ポイント!常軌を逸したセールスの場合は「売れ残り物件」のリスクもあるのでご注意ください

 本当に資産価値のある良い物件は秒で買い手が付きますから、しつこい営業電話が繰り返されれば繰り返されるほど、それは売れ残り物件の可能性が濃厚になります。それなのに、たとえば年収がたかだか1,000万円程度で「自分は非公開物件に選ばれたはずだ!」と勘違いすると大失敗します。これはただ、ローンを組ませられるからという事情が大きいです。また、「節税目的の赤字にする物件」でも事情は同じです。不動産での会計上の赤字を本業での所得と損益通算しても、どう見ても数年後には節税金額以上の持ち出しが発生しそうな物件は、売れ残ります。

注意が必要な電話セールスの見分け方

 そもそも、飛び込み営業で会ったことすらない人間に薦めてくる物件が、現実的にどれほどの実利回りが確保できる物件なのかを考えなければなりません。今、「実利回り?」と意味がわからなかった方は、手を出さないほうが良いでしょう。実利回りというのは、見せかけだけの表面利回りではなく、実際に運用した場合にかかるコストを差し引いた本当の利回りのことです。客に考える暇を与えないゴリ押し営業の不動産会社が前提にするのは、表面利回りばかりです。

 もし、0422292019の言う利回りに以下の項目が一つでも含まれていなかったなら、是非確認してみてください。下記項目についての概算値を電話で即答できない言いたがらない、あるいは「一度お会いしてその際にお話を」などの反応があったなら、話を進めるのは控えたほうが良いと思います。

電話セールスへの確認事項!

取得価格…販売価格に諸経費を追加した価格。販売価格の6%か7%くらい。仲介料に不動産取得税、登記費用など。
入居率 or 空室率…100%続く満室などあり得ません。満室のみで計算された表面利回りは無意味。
退去時広告費…次の入居者探しにかかる広告費。管理会社次第だが、家賃の二ヶ月分くらい。
値下がり額幅…通常は購入した価格と同一水準の価格で売ることはできない。
修繕積立金(共用部)…マンションの場合は必要。
管理費(共用部)…マンションの場合は必要。
火災保険…毎年かかります。
固定資産税…毎年かかります。価格の1%前後、あるいは家賃の1-2か月分くらい。
退去時のリフォーム代…退去時の美装費用。クロス、床、清掃費など。
支払利息…現金買いではなく融資の場合に必須。融資を受ける前提なのに利回り試算に利息負担を明記していない業者は駄目。

まずは「自身のペースで」勉強してください

 もし0422292019からの電話で不動産投資に興味がわいたとしても、それではといきなりトーシンパートナーズのペースで言われるがままに面談に臨んだり腕力営業と対峙するよりは、まずは軽くでも良いので自身のペースで勉強してみてください。この「自身のペースで」というのは本当に大切なことです。自身でまだ相場観も身についていない段階で、腕力営業の懐に飛び込んでいくのは好ましくありません。

 私自身もBRIという不動産販売会社から飛び込み営業の電話を受けたことがありますが、「申し訳ないです、投資に興味がないんですよ」と断ったのに、「では、投資に興味がないかあるかも含めて、一度お会いしてお話を」などともはやまったく日本語が通じない強引な腕力営業を受けて戸惑いました。

 初心者の方は特に、自身のペースで考えるようにしてください。考えるスキを与えないような営業に引っ張られてはいけません。腕力営業の言葉を投資の教科書にするのではなく、自身のペースで自身の頭で考えて投資に踏み切ってください。

新築投資が向いている人、中古物件が向いている人

 不動産投資と聞くと新築ばかりに目が行くかもしれませんが、目的や予算に応じたさまざまな投資スタイルがあります。

 たとえば、自身の居住用でなくあくまで運用限定であるなら、意外と築古や中古物件のほうが手軽に手堅く始められる選択肢となります。特に、地方の築古の戸建てなどは今でも安定して掘り出し物が出てきます。なぜなら、地方の年配オーナーの物件は、「投資用」という意識もなく売りに出されることが珍しくないからです。投資用として探しているこちら側としては「うわっ」となるような結構な掘り出し物があったりします。だからこそ、投資物件の紹介サイトではなく、一般向けの住まい探しサイトである「アットホーム」などで中古の一戸建てをせっせと仕入れてたりするのです。

 また、太陽光発電のように先行者利益よろしくいきたいのなら、たとえばこちらは少し変わった切り口の投資スタイルで、電話営業に頼ることもせず実績を上げています。リモートの簡単な無料Webセミナーでもこの投資スタイルのツボがわかるので、自分の向き不向きもわかります。向いていないとわかっても、こういう切り口もあるのだと知っておくだけでも武器になるでしょう。

 このような小さな武器を、コツコツと集めていってください。ご自身にどのような運用スタイルが合っているのか、まずは気になる物件はどんどん資料を集めて勉強してください。気になるエリアもどんどん調べてください。くれぐれも、右も左もわからないままいきなり腕力営業全開の面談に応じて囲い込まれないように気をつけてください。

重要1社の営業電話でそのまま相手ペースで購入に至るなど論外です

0422292019の体験談に関して

 トーシンパートナーズが使っている電話番号「0422292019(0422-29-2019)」の皆様からのお声を募集中です。

 何らかの取引にいたった体験談はもちろん、ただ電話口で会話をしたというご経験でも大丈夫です。どのような些細なことでもかまいませんので、貴重なお話を是非共有させてください。

    関連記事