【0363651587のPIMから不動産購入をお考えの方へ】口コミ評判

  1. PIM

 「0363651587」は不動産の販売会社「PIM」のセールス電話ですが、実は不動産投資を始めるにあたってはその仕組み上、特に未経験の方がこのような飛び込み営業で不動産投資をスタートさせるのはあまりお薦めできません。不動産投資はどんなに少なくとも百万単位の金銭負担が生じる世界ですので、以下、最新の口コミと対応方法をご確認願います。

「0363651587」に寄せられた声からわかること

 まず、今回の電話番号「0363651587」について投稿されている各種口コミを確認してみると、

・「マンション経営の飛び込みセールス
・「嘘をついて社員に取り次がせようとする信用できない輩。問い詰めたら、私は代理でかけているのでわからないという、まさにガキの使い
・「マンション運用の迷惑電話

という「不動産投資を薦めるセールス電話」で一致しています。同時に、こちらの都合を考えない迷惑電話であるとの苦情が実に多く散見されます。正直、この迷惑電話という時点であまりお薦めできませんが、続いて営業電話の仕組みからもお薦めできない理由を見ていきます。

しつこすぎる場合「売れ残り物件」の可能性も

 もちろん、不動産会社からセールスを受けたからといって、すべてが例外なく注意すべきというわけではありません。物件をいくつか購入してそれなりの信頼関係がある会社からは、営業電話で「掘り出し物」を紹介していただけることがあります。信頼関係があるからこそ出てくる物件です。そして、このような「掘り出し物」は、もしネット上に公開されると即完売するような物件です。売れ残ることなど絶対にありません。

 一方で、まだ投資を知らない人間に対し、しかも付き合い一切無しで名簿でしか知らない人間に対して、これからお金を生み出してくれる金の鶏のような物件を、皆が借金してでも欲しがるような物件を、人となりも知らない人間にいきなり差し出すでしょうか。私だったらそんなことはしません。他にもっと優先度が高いお客様がいるはずですから。

重要ポイント!しつこすぎるセールスの場合は「売れ残っている物件」の可能性もあるので注意しましょう

 本当に資産価値がある良い物件など秒で売れますから、電話営業がしつこければしつこいほど、それは人気がない物件の可能性も高くなります。それなのに、たとえば年収がたかだか1,000万円くらいで「自分は非公開物件にふさわしいと選ばれたんだ!」と勘違いすると酷い目に遭います。これはただ、ローンを組ませられるからという事情が大きいです。また、「節税が目的の赤字にする物件」でも事情は同じです。不動産での会計上の赤字を本業での所得と損益通算しても、どう見ても数年後には節税金額以上の持ち出しが発生しそうな物件は、売れ残ります。

たちの悪い勧誘電話を受けた場合の対応方法

 PIMのような不動産販売業者を規制する宅建業法では、

「会社名」「勧誘する人間の氏名」を伏せて勧誘すること
相手が契約の締結をしない意思表示をしたのに勧誘を続けること

はっきり禁じています(法施行規則第16条の12第1号のハ / 法施行規則第16条の12第1号の二)。

 つまり、「会社名を名乗らないまま始まる」営業電話は違法ですし、「自分の氏名を名乗っていない」のも違法です。

 言うまでもなく、「断っても電話を切ろうとせず勧誘を続ける」のも違法行為ですし、「今後も契約はしないと断ったのに何度も電話勧誘してくる」のも、明らかな違法行為です。

 もし、「業者名を名乗らないまま繰り出される」「電話をかけている者の氏名を名乗らない」「断ったのに電話を切らずに勧誘を続ける」「今後も契約はしないと断ったのにまた電話勧誘してくる」に当てはまる場合、それは違法行為をおこなう違法業者の可能性があるので、国土交通省が用意しているこちらで会社名を検索して免許行政庁を調べ、徹底的に通報しましょう。塵も積もれば巨大な山と化します。

 また、近頃の電話機は自動的に通話が録音されるので、たとえば「宅建業法はご存じですか?」と投げてみてそのリアクションをYouTubeなどの動画投稿サイトやSNSで共有してみるのも良いかもしれません。

注意すべきセールス電話の見分け方

 そもそも、営業電話で見ず知らずの人間に薦めてくる物件が、現実的にどれほどの実利回りが確保できる物件なのかを考えなければなりません。今、「実利回りって何?」とまるで意味がわからなかった方は、手を出さないほうが良いでしょう。実利回りというのは、見せかけの表面利回りではなく、現実に運用すると必要になる諸経費を差し引いた本当の利回りのことです。相手に考える時間を与えないごり押しタイプの不動産会社は、表面利回りばかりを見せたがります。

 もし、0363651587が説明する利回りに以下の項目が一つでも含まれていなかったなら、是非確認してください。下記項目についての概算値や目安を電話で言えない言いたがらない、あるいは「近くでお会いしてその際にでもお話を」などの反応があった場合、面談は控えたほうが良いと思います。

電話セールスの確認リスト!

取得価格…販売価格に諸経費を加算した価格。販売価格の6%か7%くらい。仲介料や不動産取得税、登記費用など。
入居率 or 空室率…100%ずっと満室などあり得ません。満室のみで試算された表面利回りは無意味。
退去時広告費…次の入居者募集に必要な広告費。管理会社次第だが、家賃の二ヶ月分くらい。
値下がり金額幅…普通は購入時の価格とまったく同じ価格で売ることはできない。
修繕積立金(共用部)…マンションの場合は必要。
管理費(共用部)…マンションの場合は必要。
火災保険…毎年かかります。
固定資産税…毎年かかります。価格の1%前後、あるいは家賃の1-2か月分くらい。
退去時のリフォーム代…退去時の美装費用。クロス、床、清掃費など。
支払利息…現金買いではなく融資の場合に必須。融資を受ける前提なのに利回り試算に利息負担を明記していない業者は駄目。

まず「自身のペースで」学びましょう

 もし0363651587から営業を受けて不動産投資に興味がわいたとしても、それではといきなりPIMのペースで言われるがままに面談に臨んだり腕力営業と対峙するよりは、まずは軽くでも良いので自身のペースで勉強してみてください。この「自身のペースで」というのは本当に大切なことです。自身でまだ相場観も身についていない段階で、腕力営業の懐に飛び込んでいくのは好ましくありません。

 私自身もBRIというマンション投資会社から飛び込み営業の電話を受けたことがありますが、「申し訳ないです、投資に興味がないんですよ」と断っても、「では、投資に興味がないかあるかも含めて、一度お会いしてお話を」などともはやまったく日本語が通じない強引な腕力営業を受けて戸惑いました。

 初心者の方は特に、自身のペースで考えるようにしてください。考えるスキを与えないような営業に引っ張られてはいけません。腕力営業の言葉を投資の教科書にするのではなく、自身のペースで自身の頭で考えて投資に踏み切ってください。

新築投資が向いている人、中古物件が向いている人

 不動産投資と聞くと新築マンションばかりに目が行くかもしれませんが、目的や予算に応じたさまざまな投資スタイルがあります。

 たとえば、自身の居住目的でなくあくまで運用一辺倒であるなら、意外と中古や築古物件のほうが手軽に手堅く始められる選択肢となります。特に、地方の築古の戸建てなどは今でも安定して掘り出し物が出てきます。なぜなら、地方の年配の方が持っている物件は、「投資用」という意識もなく売りに出されることがあるからです。投資用として探しているこちら側としては「おっ」となるような結構な掘り出し物があったりします。だからこそ、投資物件のサイトなどではなく、一般向けの住まい探しサイトである「アットホーム」などで築古戸建てをせっせと仕入れてたりするのです。

 また、太陽光発電のように先行者利益よろしくいきたいのなら、たとえばこちらは少し違う切り口で、電話営業に頼ることもせず実績を上げています。リモートの簡単な無料Webセミナーでこの投資スタイルのツボがわかるので、自分の向き不向きもわかります。向いていないとわかっても、こういう切り口もあるのだと知っておくだけでも武器になるでしょう。

 このような小さな武器を、コツコツと集めていってください。ご自身にどのような運用スタイルが向いているのか、まずは気になる物件はどんどん資料を集めて勉強してください。気になるエリアもどんどん調べてください。くれぐれも、右も左もわからぬままいきなり腕力営業全開の面談に応じて囲い込まれないように気をつけてください。

重要1社の営業電話でそのまま相手ペースで購入に至るなど論外です

0363651587の口コミ体験に関して

 PIMが使っている電話番号「0363651587(03-6365-1587)」の口コミを募集しております。

 何らかの取引にいたったお話はもちろん、ただ電話口で会話をしたというご経験でも大丈夫です。どのような些細なことであってもかまいませんので、貴重なお話を是非共有させていただければと思います。

    関連記事

    コメント

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。